営業職に資格は必要なのか?

営業職は、お客さんとのコミュニケーションがモチベーションアップにつながったり、お給料が事務職に比べて良いといったメリットがある反面、目標やノルマが課せられることが多くあります。
お客さんの都合に合わせて、休日や夜間に活動しなくてはならないことも多いでしょう。
なかなか売り上げが伸びなくて、上司に叱られて「自分は営業職に向いていないのではないか?」などと落ち込んでいる方も多いかもしれません。

そのような時に、助けとなってくれるのが資格です。
資格を持っていることで、お客さんとの会話のきっかけになることもあるでしょうし、あなたの信頼度を増すことも可能です。
あなたがもし顧客だったとして、同じ商品を2人の営業マンから紹介されたとしましょう。
そして商品価格は同一、2人の営業マンのタイプも同一だった場合、やはり資格を持っている営業マンから買いたくなるのではないでしょうか。
また、資格を持っていれば転職の際にも有利になります。

毎日歩き回って疲れているので、資格取得のための勉強時間がないという方もいらっしゃるかもしれませんが、資格を武器に効率よく契約を取れる方が、体力的にも精神的にも楽になるはずです。
休憩時間、あるいは休業日や会社の長期休みなどを利用して、資格を取得してみてはいかがでしょうか。
電車やバスを使って移動している方は、移動時間中を勉強時間にあてることもできます。

このサイトでは、あなたに合った資格と取得方法についてまとめています。
より効率的な営業活動のための参考にしてみてください。