営業職に必要な資格の種類

この記事をシェアする

必要な資格と持っていると便利な資格

一方、営業全般に役立つ資格としては、営業士検定、セールスレップ、営業力強化検定などが挙げられます。
これらはどの業種にも役立つ資格ですから、転職をして他の業種の営業を担当する際にも役立ちます。
名刺にこれらの資格を加えるだけで、あなたを見るお客様の目が変わることは間違いないと言えるでしょう。
さらに、簿記やキャリアアドバイザー、中小企業診断士、ビジネス実務法務検定、販売士なども営業に役立つ資格とされています。
しかし、今ご紹介した資格は、営業士検定、セールスレップ、営業力強化検定とは違い、営業に直結するわけではありません。
営業を含む経理や総務など、企業全体を視野に入れた資格ですから、将来ビジネスを立ち上げたいとお考えの方におススメの資格と言えそうです。

営業全般に役立つ資格の詳細

特定の業種に必要な資格は、入社後に会社から提示される場合も多いので、比較的つかみやすいと言えます。
しかし、営業全般に役立つ資格は何なのかは、分かりにくいのではないでしょうか。
そこで、ここでは営業全般に役立つ資格について見ていくことにします。
まず、営業士検定ですが、こちらは日本営業士会の資格検定制度で、初級・上級・マスターの3つに分かれています。
たとえば初級なら営業の基本や、営業に必要なスキルを理解しているかどうかが試されます。
セールスレップは、セールスレップ協会の資格検定制度で、3級から1級まであります。
たとえば3級は、マーケティングや商品等についての基礎知識が問われます。
最後に営業力強化検定ですが、株式会社サーティファイという会社が実施しています。
こちらは営業の基礎知識、マーケティング、顧客対応など、どの分野の力が自分に足りないのかを円グラフで分析し、教えてくれます。