資格の取得方法を把握しよう

この記事をシェアする

それぞれの資格の取得方法

先ほどご紹介した営業全般に役立つ3つの資格の取得方法についてご説明します。
まず営業士検定ですが、試験日は6月と11月の年2回です。
受験料は6月が税込み8640円、11月はは料金改定に伴い10,800円となっており、ネットから申し込むことが可能です。
受験資格は特に問われませんので、どなたでも受験することができます。
次に、セールスレップは、資格認定試験、資格認定研修プログラムの2つのコースがあります。
資格検定試験は公式テキストを使って学習し、全国一斉の試験日に試験が行われます。
試験日は営業士検定と同じ、6月と11月の年2回です。
一方、資格認定研修プログラムは集合研修と小テストにより3級が取得できます。
そして最後に営業力強化検定ですが、こちらはウエブ受検が可能です。
料金も1000円と、他の資格検定と比べると割安ですから、受験しやすいと言えます。

受検準備に必要なものを用意しよう

どの資格にも共通して言えることは、過去問を入手することです。
高校や大学受験の時を思い浮かべれば、過去問を解くことの大切さはお分かりいただけると思います。
営業士検定の過去問は、日本営業士会の公式ホームページに載っている『営業士事例問題集』を購入すればオーケーです。
ただし、この問題集は初期研修あるいは検定試験の申込者しか入手できませんのでご注意ください。
セールスレップは、日本セールスレップ協会の公式ホームページで級別にいくつか紹介されています。
こちらもネットから簡単に購入することができます。
営業力強化検定は、株式会社サーティファイの公式ホームページに「サンプル問題」というコーナーがあります。
こちらは無料でどなたでもチャレンジできるので、気軽に力試しが出来そうです。
サンプル問題は全部で10問あり、選択式となっています。
時間もそれほどかかりませんので、休憩時間などにチャレンジしてみてください。